つぶやくにはながいこと

ブログ名変えました

昨日の青春

 

 

 

私はテニミュに於ける自分の好きなキャラやキャストに「○○、テニミュ、楽しいか?」と訊かれて「テニミュって……楽しいじゃん!!!!!」と心の底から答えられるならテニモンだと思います。私は森田キヨスミに「すーちゃん、テニミュ、楽しい?」と訊かれたら笑顔で「テニミュって……楽しいじゃん!!!!!!!!」と答えられます(後略)

私が思うテニモンの定義 - しがないオタクがつらつらと

 

 

 

チケットの枚数こそ減ったものの、今でも私はテニミュを毎公演欠かさず観続けている。それは「テニスの王子様」という作品のオタクだからであり、2ndシーズンが終わって1st地縛霊としての(自分自身への)遺恨も薄れてきた頃に思った「次のシーズンこそはとりあえず最初から最後まで見届けよう」という小さな決意のようなものを持っているからである。抱えていると言うには軽すぎる、大したことのない思いだ。

 

 

 

3rd六角公演の大千秋楽ライブビューイングを観に行ったことを私は後悔している。テニミュを初めて観てから空白期間も含めて今日でちょうど12年経つが、テニミュを観に行ったことそのものを後悔しているのは現時点ではあれが最初で最後だし、氷帝厨に属するフォロワーが何人もライビュのチケットを手放していた判断を私も信じるべきだったのだとひたすらに後悔した。その後悔は「テニミュ」そのものに対するものよりも原作厨としての怒りの方が強く、私自身も瀕死ではあったが私よりも「ミュージカル『テニスの王子様』が死んだ」と思った。最終的に私が死んだのは、テニモンとしての私が死んだのは、TSC先行で掴んだ立海初日のチケットをあっさり流した瞬間だった。と思う。

 

そもそも3rd関東立海公演のチケットは始めから自分の分として申し込んだものは1枚もなく、チムライ山吹の時に3列目通路を出してくれたフォロワーへの恩返しも兼ねて彼女の希望である初日と大楽のチケットをそれぞれ申し込んだ物だった。彼女は別口でも初日のチケットを当てたので、だったら私が当てた分を引き取ってもいいかと訊ねて譲ってもらった。しかし入金するのをすっかり忘れていた。ご存知の通り立海公演のTSC先行チケットの入金締切日はDL2017の最終日と被っており、横アリ周辺のファミマには同じようなテニモン達が長蛇の列を成していた。ざっと見て30人、1人1公演分の手続きで終わる訳が無い。15秒ぐらい唸ってファミマを後にした。一緒に居たフォロワーにも「完全に(テニモンとしてのすどが)終わったな」と言われたし、自分でもそう思った。ステージに片膝を突き眠るように頭(こうべ)を垂れる3rd山吹と共に、テニモンの私はあの日の横アリで永い眠りに就いたのだ。

 

 

 

観られればいいやという緩い気持ちで探したチケットで観た立海公演は楽しかった。原作を知るオタクとして観に行って楽しめる、いい2.5次元舞台だと思った。東京公演のうちにもう一公演は観たいと思えたので、本公演で初めての当日引換券*1にもチャレンジした。ちゃっかり本公演で初めてのハイタッチまでいただいて、なんだかんだでエンジョイしている。凱旋のチケットも日が近くなったら探そう。照明が見たいので2バルのが見つかればラッキーだ。

 

 

 

テニミュは楽しい。今の私がテニミュを楽しむことができているのは、もりたのキヨスミが私をテニモンに戻してくれた、というと語弊があるが、彼が「(原作厨か否かに関わらず)テニミュを観るオタクとしての視点」をもう一度思い出させてくれたからだと思う。テニモンに戻る前と後では、舞台の見え方がまるで違う。細かい動きやふとした演出の妙に気付くか気付かないか(無駄な深読みとも言う)、この視点が有ると無いとでは舞台を楽しめる度合いが格段に異なる。彼が与えてくれた視点を持って、これからの公演も東京と凱旋の1公演ずつ+αぐらいは通うだろう。会場やそれ以外の場所で会ってくれるオタクとテニスの話の一環としてテニミュの話もするだろう。しかしいくら視点を獲得したからと言って、今の私がテニミュを楽しんでいるのは「テニスの王子様」だから楽しんでいるのであって、テニミュそのものを楽しんでいる訳ではないのだと思う。それでも私は誰かに――この想定し得る「誰か」というのは架空の原作厨や2.5次元舞台に対する下地のあるオタクだが――「テニミュって楽しいの?」と訊かれたら「楽しいよ、観たことが無いなら試しに観に行ってみる価値は絶対にあるよ」と答えられる。

 

 

 

――とまあこんなことを書いたところで、「すーちゃん、テニミュ、楽しい?」と訊いてくれるもりたのキヨスミが私の前に現れることはきっともう無いのだ。それがすべての答えである。

 

 

 

*1:初めての当引は8代目卒業TSCPP大阪(山吹回)

死ぬほどどうでもいい話

はてブ若俳カテを覗くのが趣味である。私自身も大昔にそういうオタクをやっていたり身近にそういうオタクがいたこともあり、推しに纏わるエトセトラやら同担拒否云々やらオタクの悲喜交々を読むのは楽しい。推しへの愛を綴った文章や、推しが好きだからこそ許せないこと、それは本人に対するものであったり同担に対するものであったり、そういう熱量のある自分語りを読むのが好きだ。2次元のオタクは「自分と○○(作品やキャラクターなど)」という話をあまりしないように感じるので、文の中身がそういう方向になりがちな若手俳優のオタクのブログをつい覗いてしまう。対象が自分と同次元の存在であり、向こうにもこちらと同じように「感情」が存在する若手俳優のオタクの方が、「自分と○○」の話をしやすいのだろうか。

 

そんなはてブ若俳カテ、最近こぞって「自分のファッションとコスメ」の話をしている。これが究極につまらない。何故自分がお洒落をするに至ったかについての前文を読むのは非常に楽しいが、その後のやれどこそこのブランドが~ベースメイクは~という本題部分は目が滑る。画面端のスクロールバーも滑る滑る。そもそもお前(私)のために記事書いている訳じゃねーからという話なので(それこそブログなんて自分の好きな話題、自分語りをしてなんぼのメディアないしツールだ)、私がつまらないと言ったところで別に記事を下げる必要も無ければ書きかけの文章を廃棄する理由も無い。しかしま~~~~~~~何の面白みも無い。ここまで色んな人が取り上げているのだから彼女らにとってはその話題は旬であり面白いのだ。じゃあ何故私はそれを楽しめないのか。

 

これまで当該カテゴリでは、服装と化粧に限らず「応援スタンス」「手紙」「お花(舞台(の出演者)に贈って公演期間中ロビーなどに飾られるフラワースタンドやアレンジメント*1)」などの「お題」にも満たないような自分語りのターンが度々あった。これらの中で私が楽しく読むことができたのはお花に関する話題のみだ。応援スタンスは現在の自分に特定の推しがいないので読んだところで共感や実感が湧かず、手紙は仮に推しがいたとしても極力書きたくないので参考にならない。お花の話は面白かった。花を贈る。一見ただそれだけの行為だがそこには何重もの意味が込められている。それは推しへの愛であり、業界人へのアピールであり、或いは同担への牽制(マウント)でもある。私が観に行った舞台の会場に所狭しと並べられていた、バルーンやビジューで綺麗に飾り立てられた花々の裏側にも、きっと一言では表せないようなマーブル模様の思いが詰まっていたのだろう。

 

応援スタンスと手紙の話を楽しめないのは、自分が若手俳優のオタクではないからだと思っていた。しかし服装と化粧の話は自分にも当て嵌まる内容なのにまるで興味が持てない。ブランドや特定の商品を列挙されても「ふーん」としか思えず、最近ではカテゴリ一覧記事に並ぶ記事のタイトルと最初の数行を見ただけでスルーするようになってしまった。考えてみれば当然なのだ。お花の話が面白かったのは「私の知らない世界」の話であり、服装や化粧なんて毎朝自分も睨めっこしている日常の出来事である*2。別に若俳カテでそんな有り触れたものを見聞きする必要は無い。同系統のものを好む人の記事などに巡り合えればさぞ実用的なのかもしれないが、ユニクロと祖母や母のお古サイコー!な私はゾゾタウンを徘徊した方が余程ためになる。

 

私は若俳カテの記事を読むことによって「若手俳優(とそのオタク)」という異文化に擬似的に触れていたのだ。対象への一心不乱な愛を抱える生き物(要するにオタク、これは2次元コンテンツのファンという意味でのオタクではなく本来のマニア的な意味の方のオタク)が大好きな私にとって、オタクの愛と異文化に触れられるはてブ若俳カテはとても魅力的なコンテンツなのだと再確認した。そうだった。私はオタクの外面(がいめんでもソトヅラでもお好きなようにお読みください)じゃなくて、その奥にある推しへの迸る愛が知りたくてこのカテゴリにやって来たのだった。推しを隠しているが故に推しのダイマ記事が書けないなら、推しと自分という唯一無二の関係を推しが特定できない範囲で打ち明けてほしい。推しに対する自分という存在への自身の無さも同担への優越感も、そういう本当の自分に関する語りが読みたい。そこにいる「自分」を語ってほしい。貴方の「好き」を教えてほしい。

 

そろそろこの話題も終わるかなと思っていたが、残念なことにまだポツポツ出てきそうな予感がする。「推しのためにファッションの系統を一新しました」「推しのイメージカラーに合わせるために努力したこと」などの、もっと若手俳優そのもの(推し本人)に寄った記事が出てきたら、このブログのコメント欄は承認制になっているのでこっそり教えてほしい。それまで私は某めりぴょん氏のaskに寄せられる、若俳オタクたちからの愛に塗れた悲痛な叫びを読むことにする。

 

 

 

 

 

おまけ

祖母のお古

 

かわいい

 

 

 

*1:めっちゃ関係無いんだけどミリシタ(アイマスのミリマス(グリマス)の音ゲー)で友人への「いいね!」システムが「フラスタを贈る」だったのでぎょっとした フラスタ文化はアイマスの世界にも進出したのか……完全女性向けのうたプリとときレスの実際のライブではファンがフラスタ(もちろん現物)贈っていいのもあるらしいね

*2:語られているのは推しに会いに行く(イベント然り舞台然り)時のファッションのことだろうけど

テニスの王子様フライアウェイしすぎ問題

 

prehyou2015.hatenablog.com

 

上記の記事でプリキュアの数字ブログさんが、アニソンの歌詞に「フライアウェイ(fly away)」が含まれているものの年代別検証を行っていますが、その中で私の大好きなテニスの王子様についてこのように触れています。

 

2000年以降のフライアウェイの検索数を押し上げたのが「テニスの王子様」。 2000年以降の「フライアウェイ」87曲中、7曲がテニスの王子様関連の曲となりました。 テニスの王子様は、フライアウェイしすぎなのではないでしょうか。

90年代アニソンの歌詞にフライアウェイ多すぎ問題、その解答。 - プリキュアの数字ブログ

 

 

果たして本当に「テニスの王子様はフライアウェイしすぎ」なのでしょうか。むしろテニスの王子様の「フライアウェイ」している曲はこれだけで済むのでしょうか

 

 

テニスの王子様は、キャラクターソングと呼ばれるものだけで800に近い曲*1を有しています。それ以外の曲(アニメのOPED、ゲームやミュージカル、未発売楽曲など)も含めるとこれまた膨大な数になりますので、今回は発売されているキャラクターソングに絞った検証を行いたいと思います。そのため、上記の記事で「テニスの王子様」の曲として挙げられている7曲のうち

  • walk on/藤重政孝(2002/5/1発売アニメエンディングテーマ曲)
  • ALWAYS/ミュージカルテニスの王子様(2007/12/22発売*2『ベストアクターズシリーズ010 青学三代目レギュラー陣メモリアルEDITION』収録)

は対象外とし、さらに「フライアウェイ」している曲が

  • Free as a bird ~Return to T~/越前リョーマ(2003/3/30発売)
  • walk on(zzz version)/不二周助(2003/7/2発売『eyes』収録)*3
  • FIGHT TO THE END/越前リョーマ(2004/7/7発売『SR』収録)
  • Fly to Tomorrow/真田弦一郎(2005/5/21発売『将』収録)
  • brand-new HEAVEN/青春ソーダ(2009/6/17発売)

の5曲以外に無いかを調べます。歌詞検索サイトですがJOYSOUNDは既に上記のブログで調査済みのため、歌ネット歌詞ゲット歌詞タイムJ-Lyric.netを使用させていただきました。もし当記事で取り上げている以外のフライアウェイしているテニプリキャラソンをご存知でしたら当ブログのコメントやツイッター、またはweb拍手であれば匿名での投稿が可能ですので、お教えいただけるととても嬉しいです。

 

 

 

「フライアウェイ」しているテニスの王子様のキャラクターソング

上記5曲に加え

  • GOOD LUCK BABY/河村隆(2005/10/19発売『GREATEST OVER』収録)

<表記ゆれ>

  • High & Low/知念寛(2014/7/23発売『THE PRINCE OF TENNIS Ⅱ HIGA SUPER STARS』収録) ※ 歌詞に「Fry away」とあり、上記ブログで検証されている「Fly away」とは異なりますが今回は語感を重視するためこの曲も含めます

 

2017年7月13日現在、「フライアウェイ」しているテニスの王子様のキャラクターソングは7曲になります。上記の記事の87曲に2曲追加されるかたちとなるので、2000年以降に「フライアウェイ」しているアニソンのうち89曲中7曲(約7.9%)がテニスの王子様のキャラソンとなります。

 

アニソン自体の分母が27650曲(上記ブログ調べ)でそのうちフライアウェイしている曲が102曲+2曲、アニソン全体で見るとおよそ0.4%の曲がフライアウェイしています。前述の補足のとおり当記事ではテニスの王子様のキャラクターソングの分母を760曲とするのでそのうち7曲、テニスの王子様のキャラクターソングはおよそ0.9%の割合でフライアウェイしていることになります。倍です。

 

他の作品はどうなのかと思いましたが多いものでも「マクロス」シリーズ(作品ではなく全シリーズ通して)が4曲、「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズが3曲*4テニスの王子様を除いた週刊少年ジャンプ作品をまとめても8曲*5とそこまでしてやっと太刀打ちできるレベルなので、やはりテニスの王子様はフライアウェイしすぎのようです。

 

フライアウェイしすぎのテニスの王子様、しかし2009年6月発売の青春ソーダ『brand-new HEAVEN』を最後にキャラソンの方ではフライアウェイ(fly away)していません(知念くんのfry awayも含めるとまた異なってきますが、それでもフライアウェイ率が下がっていると言えます)。テニスの王子様たちは実に8年ほど「フライアウェイ」を封印しているのです。高校生に至っては今のところ誰一人としてフライアウェイしていません。今回対象外としたテニミュの方でも、アンコールソングは英語のフレーズを使用しているものが多いので結構フライアウェイしているのではないかと思いましたが、逆にタイトルに使用している英語のフレーズを繰り返し多様するもの(例:Jumping Up!High Touch!)が多かったためフライアウェイしているものは見つかりませんでした。

 

 

 

テニスの王子様は今後もキャラソンの発売を複数控えています。そしてまだ発表されていないだけのキャラソンも存在することでしょうし、これから先もどんどん新しいキャラソンが私たちのところに届けられるのだと信じています。作詞家の皆様、ここらでひとつ「フライアウェイ」してみてはいかがでしょうか? また、もしかしたらテニスの王子様の曲では「フライアウェイ」以上に多用されているフレーズがある可能性もあります。そういったものを探してみるのも、面白いかもしれませんね。

 

 

 

おまけ:「ファラウェイ(far away)」しているテニスの王子様のキャラクターソング

上記の記事では

の2曲が挙げられていますが、検索している中で

も見つかりましたのでここに挙げておきます。「赤也がTime has comeなんて英語使える訳ないだろ(げらげら)」と馬鹿にしてから9年経ったという事実に驚きが隠せません。

 

 

 

 

 

最後に今回引用させていただいたブログのご紹介をば。

 

prehyou2015.hatenablog.com

プリキュアを見なくなって久しい私ですが、こちらのブログは読者登録しているブログのひとつです。プリキュアを見ていなくても、「昔見ていたおともだち」やデータ収集タイプのオタクの方は読んでワクワクできる魅力的なブログだと思います。ありとあらゆる数字からプリキュアを考察する姿勢は、「愛」という一言では片付けられないもっと深いものを感じさせられます。

 

テニスのオタクで昨年のヒトフェスやチャリティーライブに行った方にはこちらの記事をオススメしたいです。

prehyou2015.hatenablog.com

許斐剛チャリティーライブと同じくDMM VR THEATERで行われたプリキュアイベントのお話です。テニスの王子様やなぎさやほのかやいちかちゃんたちがいるのは学生だから自然なことだけどプリキュアがいる日本ってすごいな……私たちの見てないところでプリキュアが地球を守ってくれてるんだね……。(訳:どの世界もオタクが考えることは同じである)

余談ですが私の好きなプリキュアミルキィローズ*6キュアパッション*7です。

 

 

 

*1:テニプリフェスタ2016合戦にて『Invisible Bandage(2016/6/1発売)』までに発売されたキャラクターソング・先生名義の曲を731曲としており、1年経った今その数はおよそ760曲に達しています。テニプリ公式の曲の数え方がバージョン違い(例:恋風)も含めるのかが分からないため、当記事ではテニプリキャラソンの分母を760曲とします

*2:上記の記事内の表では2013/4/24発売となっていますが、恐らく2nd seasonアンコールソング『WE ARE ALWAYS TOGETHER』(2013/4/24発売)との混同かと思われます

*3:カバー曲ですが収録されているアルバムがキャラクター名義のためキャラクターソングの範疇とします

*4:この3曲というのがいずれも翔ちゃん(友人の推しなので呼び捨てにするのが畏れ多い)が参加している曲なので、果たして本当に翔ちゃんばかりがフライアウェイしているのかなどに関して是非ともうたプリのオタクの方に検証していただきたいです

*5:BLUE DRAGONは漫画原案作品ではないため当記事では除外、遊戯王に関しても週間連載していたものとは別物と考え除外しています

*6:宗教によってはプリキュアにカウントしないようですし放送当時に母も「この子厳密にはプリキュアじゃないよね?」と言っていたのですが私にとってミルキィローズプリキュアです

*7:というかイース様とせっちゃん

誰が夢、DREAM LIVE 2017

夢の終わりは呆気なかったけど、夢の終わりなんていつだって呆気ないものだ。気が付いたら目が覚めている。DREAM LIVE 2017は、始まった実感があるようなないようなそんな中で始まって、あっと言う間に終わった。私が最後に見たキヨスミ先輩の姿は、そして3rd山吹の姿は、どんなだったろうか。

 

――という書き出しから始まるいつも通りの堅っ苦しい文章を認(したた)めようと思ったんですけど、もりたへのお手紙で力尽きちゃったのかまとまらないのであまり考えずに書きます。手紙に書き切れなかった、大好きすぎて書くのが憚られたこととかもここに遺しておければなあと。3rd山吹ともりたのキヨスミの話しかしてません。

 

 

 

DL2017が終わった後に3rd山吹モンに属するオタクと話す機会があって、他人の口から語られる「一個人と3rd山吹との思い出」を聞いて妙な感じのテニミュロスになっちゃったんですよね。私が胸に大事に抱えている思い出なんてのは実は大したことないんじゃないかって。そんな時に私がもりたのキヨスミと出会ってしたこと、できたことの中で何が一番の思い出なんだろうって色々思い返した時に真っ先に浮かんだのがこれを書いたことなんですよ。

 

sdppp.hateblo.jp

 

いやもりたのキヨスミ直接関係ないじゃん、って思われるかもしれないけど、私はもりたのキヨスミに出会ってなければ山吹という学校を好きになることも、千石さんへの「好き」の気持ちを真の意味で思い出すこともなかったし(一番最初に好きになったキャラなのでここまでハマる前の誕生日もケーキ買って祝ったりはしてたんですけれども。なおその1年後の誕生日ケーキの値段は約13倍になりました)、幼すぎてただ「好き」だっただけのあの頃よりも、もりたのキヨスミに出会って千石さんについて色んなことを考えさせられて、それをこうしてかたちに遺せたことが私にとっての一番の思い出なんじゃないかなあと自分に対して思いました。文章は書くのも読むのも苦手と普段から言ってるフォロワーが、私の書いたものに感化されて同じようにラブレターを認めてくれたのもめちゃくちゃ嬉しかったです。8500字、一字一句飛ばさず読むと15分近くかかるので暇潰しにはなると思います。眠くなるかもしれないけどよかったらぜひ〜そしてみんなもラブレター書こう

 

 

 

DL2017が予想はしてたけどクソすぎて(身も蓋もない発言)、というかテニミュ3rdは学習というか破壊と再生を繰り返さないと良くなれないのはチムライの時点で解ってたので*1、じゃあ今回のドリライって3rd山吹にとってなんだったんだろうって考えた時に、これは3rd山吹がもう一度「8人で」舞台に立つための、もうほんとにただそのためだけのドリライだったんだろうなあということを思ったんです。一点しんにょうくんが千秋楽後に焼肉打上げしてる画像を上げてくれましたが、その面子の中にものの見事に「今」のテニミュに立っている子がいなかった(青8と3rd山吹)ので、やっぱり3rd山吹の物語は氷帝公演までで終わってたんだなあということを実感させられました。

 

 

 

 

そうなんですよね。だってあんなに「亜久津仁」という存在が山吹に好意的に受け入れられてるのっておかしいし、亜久津も本来なら山吹との再会を喜んだりはしない筈なんですよ。新テニで再びラケットを握った亜久津は千石さんに「山吹中テニス部には戻らねえ」と告げている訳ですから。亜久津仁の中に山吹中テニス部に対する帰属意識はほとんどない。でも3rdの亜久津は、一度舞台を去った筈の亜久津はこうして戻ってきて山吹のみんなと校歌『一陣の風』を歌う。それも「熱気を孕み コートを横切る一陣の風」と歌詞の中でも唯一曲のタイトルが入っているフレーズを、もう一人のエースである千石清純と一緒に歌い上げる。こんなアツい展開があっていいのでしょうか(最高じゃねーの!)。このフレーズは、ラッキー千石などの楽しい曲を仲良く歌い踊る彼らをずっと袖から見るだけだったかわかみの亜久津が最後にやっと山吹のみんなと「明るく楽しい」曲を歌うことが叶った瞬間で、言ってしまえばこれはかわかみくんないし「かわかみの亜久津」の夢、そしてしょーちゃんと一緒に、という3rd山吹(キャスト)の夢でもあったのかなと思います。

 

3rdにして初めて用意されたドリライ専用曲の『DREAM』には「俺たちの夢」という歌詞がありますが、これ、私の記憶からすっぽ抜けてるだけじゃなければ今回この歌詞だけ飛ばされてるんですよ(追記2017/8:円盤CMが公開されましたが普通に歌ってたので私の記憶からすっぽ抜けてるだけでしたね!)。だから今回のドリライは俺たち、舞台上のテニスの王子様たちの夢じゃなくて、私たち、それはラッキーDEチャチャをドリライで観たい、3rd山吹が8人で揃うところを最後にもう一度観たい、8人で揃って舞台を去りたいという「私たち」の夢だったんです。テニモンであり、キャストであり、テニスの王子様のためにテニミュに集った私たちの夢。想像以上に出番が少なかったり最後に全員で一列に並ぶことすらなかったので終演後放心状態になったり号泣したりと冗談抜きでフォロワーに介護してもらってたのですが、「山吹はあんな凄かったDL2016に出てる上に今回もう一度会えたんでしょ!?それでいいじゃん!これ以上何があるっていうのよ!」と励まされたら(本人は叱ってたつもりだったらしい)なんかスッキリしてきて翌日わうわうのライビュ版山吹を見て「このカット円盤と違う!最高の資料が手に入った!」と興奮しながら一陣の風や千石さんの試合前のシーンを見て号泣して最後にシャカブンを1曲まるまる3周踊りました。オタクは忙しい(精神が)。インマイハーもDL2017の円盤が出たら覚えようね。

 

インマイハーの振付を覚えるのがDL2017の円盤で、ということはお気付きの通り私はインマイハー初お披露目の六角円盤を引き取らないことにした上に(内金の500円はダビくんのお小遣いになっていることでしょう)、立海公演それも初日のチケットも横浜のファミマの長蛇の列を見て「並ぶのめんどくさいからいいや」とあっさり流しちゃったんですよね。フォロワーのために立海大千秋楽のチケットを見事掴んだ私のTSCアカウント、流した初日もきっと良席だから立海厨チケ取り頑張って!

 

 

 

VICTORYの他校パートの間、自分たちのパートが来るまでライトの当たらない出島で片膝を立ててしゃがんで待っている3rd山吹の姿をずっと見ていました。毎公演。眠っているみたいだなあ、この子たちはこれからこうして長い眠りに就くんだ、そしてテニモンとしての私もここで一緒に眠るんだと思いました。DL7thに参加できず成仏できないまま2nd関東氷帝公演で殺されたテニモンの私は、ここで漸く安らかな眠りに就くことができるんだなあと。とか言って立海で赤也ちゃんキャー!とか言ってたら笑ってやってほしい。千石さんの次に好きになったのが実は赤也なんですよね。でも理由とかきっかけを一切覚えてないので、もりたのキヨスミの試合を初めて観た時のような得も言われぬ感覚に襲われることはないと思います。

 

私は2.5次元舞台を観に行くすべての「原作厨」に、あの日私がもりたのキヨスミの「しっかし亜久津に、オイシーとこぜんっぶ持ってかれたからなぁ」からの一連の台詞を聞いた瞬間に感じた「私このシーン知ってる、すごい、何度も読んだあのシーンが今目の前にあるんだ、」という感覚、単純に目の前にいるだけじゃないもっと尊い瞬間を味わってほしいと思っていますし、2.5次元舞台の何よりの醍醐味ってまさにそれだと思うんですよね。何度も夢見た大好きなキャラクターが、漫画の世界が自分と同じ次元に繰り広げられていることの素晴らしさ。残念ながら今の超速サイクルで乱発されてまくってる2.5次元舞台の世界じゃ、もうなかなか体感できない貴重な経験なんだろうなあと2.5次元舞台の現状を諦めてもいます。そんな中でテニミュを初めて観てから10年以上経ってた私にあの感覚を与えてくれて、テニモンとしての私に二度目の生を与えてくれたもりたのキヨスミには感謝してもしきれないです。DL2017の『あいつこそがテニスの王子様』で「ユーアーザプリンスオブテニス」と歌うもりたのキヨスミの姿を見ながら、そうなんだよ、あなたこそが私のテニスの王子様なんだよ、ということを強く思いました。ぜんぶぜんぶ、千石清純から始まったんだよ。

 

やっぱりテニスの王子様は紙の中でも舞台の上でも、私たちをありとあらゆる楽しいことと出会わせてくれる王子様に違いないのだ。

元テニモンの1st懐古厨ババアが3rd山吹公演を観て号泣した話 - しがないオタクがつらつらと

 

ほんとにその通りだったね。もりたのキヨスミと出会ってからの1年5ヶ月、楽しいのは何もテニミュを観る時だけじゃなかったね。TSCPPのほんの僅かな出番のためだけに大阪に初上陸してぼんくら屋のテニプリシートで千石さんの好物のお好み焼きを食べたことも、夢女で富士Qや冒険の海に出掛けてスタッフさんにくま(※ダッ◯ィーではなく山吹ユニのくますみ先輩)を可愛いですね!と言われて動揺したことも、ぜんぶぜんぶ楽しかったよ。キヨスミ先輩はどうでしたか? もりた本人はミュキャスとしての2年間をどう思ってるのかな? 楽しかったって思ってもらえてたらいいなあ。千石さんを演じて、千石さんと出会えてよかったって思えてもらえているなら、それだけで私の第2のテニモン人生はこの上ないハッピーエンドです。

 

 

 

前言撤回。ハッピーエンドって言ったけど、これからもずーっと大好き! 3rd山吹も、もりたのキヨスミも! ほんとに思うがままに書き殴ったので全然ドリライの感想じゃなくなってしまったし書き切れてないこともいっぱいあると思うけど、そういうのは思い出した時にツイッターとかでぽつぽつ呟いていけたらなと思います。最後に一言、もりたがキヨスミでよかった!

 

 

 

*1:良チムライの青峰(主に峰)から阿鼻叫喚のルド吹、そして好評のうちに終わった氷帝という風に、DL2016が神公演の名に相応しいドリライだったので次はクソになるだろうなあと思ってたら案の定だったしだから次のドリライはめちゃくちゃよくなると思う。気が早いにも程があるけど次のドリライ楽しみだね

あなたのわたしの1/800(800分のオンリーワン)

 

先日のテニフェス2016観賞会の後に「自分の1/800(800分のオンリーワン)」を発表しようということになった時、自分の中の真のオンリーワンとして特定の曲を挙げられた人はあまりいませんでした。どうしてもこういうジャンルなら、こういうポイントなら、個人的な思い入れだけで話すなら、と言った具合になってしまい、各々の中に存在する曲の中からたったひとつを絞り込むのは難しいことだと改めて感じました。

テニスの王子様のキャラクターソングは多過ぎて、一曲一曲が持つ意味合いや作られた意義も様々ならば、我々が曲を耳にした時に感じたこと、歌詞を目にした時に感じることも様々です。実際の1/800ランキングでも私達が投票できるのはすべての曲の中から1日1票のみでしたが、テニフェスで発表される時には「ソロ部門」「デュエット部門」「ユニット部門」と歌っている人数によってジャンルが分けられていました。ならば我々もジャンル別でオンリーワンの曲を挙げてもいいのではないか、ということで私の中のあらゆる1/800を書き残しておきたいと思います。

 

 

 

・「個人的な思い入れ」部門

Trial of Luck/千石清純
赤く染める月/切原赤也

Trial of luck テニスの王子様 - THE BEST OF RIVAL PLAYERS VI Kiyosumi Sengoku

Trial of luck テニスの王子様 - THE BEST OF RIVAL PLAYERS VI Kiyosumi Sengoku

 
「テニスの王子様」THE BEST OF RIVAL PLAYERS XXI ~赤く染める月

「テニスの王子様」THE BEST OF RIVAL PLAYERS XXI ~赤く染める月

 

観賞会の時に「初めて買ったキャラソンがこの2枚」と発言しましたが、思い返せばキャラソンどころか初めて買ったオタクジャンルのCDがこの2枚でした。当時赤也と同い年だった私は自宅から数駅離れた駅からさらに15分ほど歩いた場所にあるアニメイトを調べて、入り慣れない雑居ビルの前で5分ほど尻込みしてなんとか2枚のCDを買って帰りました。田舎のアニメイトは雑居ビルにありがち。私がテニスの王子様の世界に来たのは千石清純(の声優)がきっかけですが彼の次に好きになったのが赤也だったので、私が本当の意味で「テニスの王子様のキャラクター」として最初に好きになったのは赤也なのかもしれません。どうして好きになったのかはあまり覚えていませんが、彼も千石さん同様夢小説をめちゃくちゃ読み漁っていました。懐かしい。

 

この2曲も含まれるライバルプレイヤーシリーズは、殆どの他校キャラの最初の一曲なのでハズレが少ないです。ちゃんとテニスをしている中学生プレイヤーの曲だったり、テニス要素が少なかったとしても彼らのキャラクター性を聴き手に感じさせようとして作られているのだなあと感じられます。『赤く染める月』は100曲マラソンの時のキャラソンランキングで総合5位(ソロのみだと1位)にもランクインしているので、多くのファンにとって納得の一曲なのでしょう。という訳で次はテニスの王子様の「キャラクターソング」として素晴らしいと思っている曲をオンリーワンとして挙げたいと思います。

 

 

 

・「キャラクターソング」部門

メテオドライブ仁王雅治(『P』収録) 

P

P

 

単純な曲の出来(カッコよさ)も然ることながら、曲の在り方だけでも仁王雅治のキャラクター性を充分なまでに表現しているし、テニスの王子様のみならず「キャラクターソング」の歴史に残すべき名キャラソンだと思います。メテオドライブとはこれを歌っている仁王の技の名前ですが、そもそもメテオドライブなんて技はテニスの王子様の世界には実在せず、あくまでも乾が病院のベッドの上で見た悪夢の中の仁王が使った技に過ぎませんメテオドライブと同様の技は乾が悪夢を見た後の試合である不二vs仁王戦に登場しますが、それは仁王ではなく彼の対戦相手の不二が披露した「星花火」なので、言ってしまえば仁王本人のテニスはメテオドライブという技に掠りすらしていないのです。しかし他人の悪夢の中とは言えメテオドライブを打ったのは仁王。だから彼は「メテオドライブ」という曲が歌えるのです。この曲の存在自体が彼の二つ名のとおり究極の「ペテン」なのです。実在しない技ですら自らの曲にしてしまう詐欺師(ペテン師)仁王雅治。実際の物語は、星花火を不二が習得しようとしていたことを知っていた乾が深層意識で勝敗を心配するあまり夢の中でそれに近い技を仁王に打たせてしまった、と捉えられますし、またその技によって敗北が決まる仁王の姿はカッコいいとは言えませんが、それをここまでカッコいい曲に仕立ててしまって最高のキャラソンだと思わせてくれるところまでが、彼の「メテオドライブ」というキャラソンであり必殺技なのでしょう。

 

技名を冠するキャラソンに外れなし*1、というのが私の持論なので、柳生のLASER BEAMや大和部長(現在は部長ではありませんが)の幻有夢現なども大好きです。じゃあ技名を冠していなくてもテニスの王子様のキャラソンとして最高なのは?と訊かれて挙げていくとキリがないので、反対にどう考えてもキャラクター性を見失っているにも関わらず個人的には狂おしいほど好きな曲を挙げたいと思います。

 

 

 

・「飛影はそんなこと言わない」部門

好きさ好きさ好きさ/跡部景吾
(海外アーティストの曲をカバーしたザ・カーナビーツ版をさらにカバーしたもの) 

好きさ好きさ好きさ

好きさ好きさ好きさ

 

ヤンデレが好きな私のツボにクリーンヒットなのでiTuneの再生回数が「俺様の美技に酔いな」に次いで2位ですがどう考えても跡部はこんな風にはなってくれない。ならないんじゃなくてなってくれない。以上。余談ですが男ヤンデレが好きということはテニスのキャラソンなら白石の『毒の華』も好きです。

 

 

 

・「インストゥルメンタル」部門

miracle prologue tourのテーマ/幸村精市
(『miracle prologue tour 2011 LIVE at Zepp Tokyo 6.16』収録)

miracle prologue tour 2011 LIVE at YOKOHAMA BLITZ 6.29

miracle prologue tour 2011 LIVE at YOKOHAMA BLITZ 6.29

 

2つ前の項目の注釈で某インスト曲をけちょんけちょんに貶してしまったので、反対に良いと思えるインスト曲を挙げたいと思います。この曲は幸村くんの個人ライブのOPを飾ったインスト曲です。個人ライブはそのキャラクターを抜きんでて好きな人にこそ参加してほしい、という精神に基づいて私は参加しなかった*2のですが、ラジプリのCMでいきなりブラ4が流れたので吃驚したら幸村くんのライブCDのCMだったので慌てて調べたところ恐らくこれだ、となり頭を抱えました。ファンブックの設定それもまさかの好きな曲をピンポイントでしっかり生かしてくれる楽曲スタッフの皆様ありがとうございます。跡部様が個人ライブを開催される際には是非ともタンホイザー序曲のアレンジからのスタートでお願いします。何ならそのままオケ版を流していただいても構いませんがその場合最初の2音で足元から崩れ落ちてしまいます。私が。幸村くんの苦悩を表すような旋律のブラ4*3からライブという楽しいイベントが始まるのがなんともエモいです。この曲だけでもライブ会場で生で聴きたかった。

 

 

 

・「応援ソング」部門
夢の途中/菊丸英二(『SEIGAKU SUPER STARS』収録)

テニスのキャラソンの応援ソング(聴いた人の背中を押す系の曲)だと跡部の『Dream Maker』や白石の『go on』が圧倒的人気を誇っていますが、私はこの曲や同じく菊丸の『ジャンプだホイ』、違う菊丸ですが『チャージ・アップ』*4を聴くと元気が出ます。

 

“ぴょんと 跳ねてみよう
心も弾むかな?
涙 零れちゃってかまわない

そっか 君にも答えがあるんだね
そしたら後で 答え合わせしてみよう”

 

この曲の菊丸は涙を流すことを否定しないし、自分の答え(考え)と他人の答えに違いがあることをそのまま受け入れてくれています。もしかしたら実際の菊丸は自分と異なる考えを聞いたら「えー!俺はそうは思わないけどにゃー」と頭の裏で手を組んでムスッとしてしまうかもしれませんが、様々な意見はありますが「公式」として世に出た作品のひとつであるこの曲の菊丸は優しく背中を押してくれます。もっと個人的なことを言えば、なかなか挫折の多い人生を歩んできた私にとっては曲が始まってすぐのサビの「何回だってスタート切っていいんだよ」が一番心に来るものがあります。 

 

 

 

・「ラブソング」部門
悲しいね…キミが近すぎて/許斐剛

悲しいね・・・キミが近すぎて(DVD付)

悲しいね・・・キミが近すぎて(DVD付)

 

応援ソングと来ればラブソング、ということで挙げましたが果たしてこの曲をラブソングに分類してよいのだろうか。正直ラブソングはオンリーワンも何も個々人の好きなキャラが歌ってる曲がその人にとっての一番なんじゃないか*5と思うのですが、それを言ってしまうとじゃあラブソングの無い私のあの子はどうなるんだ!ともなってしまうので、すると「彼らも漫画の中からキミたちのことを思ってくれているよ」というスタンスのこの曲はテニスの王子様」たちすべてに当て嵌まる、彼らからの究極のラブソングなのではないでしょうか。私がこの曲を初めて聴いたのは初お披露目のヒトフェスの時でした。歌う前に先生が「皆さんの好きなキャラクターを思い浮かべながら聴いてください」というような趣旨のことを仰った気がするので、私はこの曲を自分の最初の王子様である千石さんのことを思い浮かべながら聴きました。千石さんを好きになってテニスの王子様の世界に来たけれど、その後に赤也や氷帝の子たちと出会って彼の元を離れていった私のことを、もしかしたら千石さんはずっと遠くから見守ってくれていたのでしょうか。少なくともこの曲はそう思うことを良しとしてくれますし、またこの曲の作者が漫画の原作者でもある先生ならば、この曲のみならずテニスの王子様という世界は「そう」なのです。ただこの曲も聴く人によって感じ方は千差万別で、ある方は「彼らのいる世界と私たちのいる世界は別なんだと、私たちは結局彼らに近付けることはないんだと優しく突き放されたように感じた」と仰っていました。「王子様」を自分の中のどういうポジションに置いているか、その存在をどういう風に捉えているかによっても変わってくるのかもしれません。話が逸れてきたのでこの続きはまたいつか。

 

 

 

・「ジャンル“テニスの王子様”」部門
Dear Prince ~テニスの王子様達へ~/イケメン侍

Dear Prince~テニスの王子様達へ~

Dear Prince~テニスの王子様達へ~

 

テニスの王子様のキャラソンには、明らかにそのキャラクターや彼らの物語を表現するためのものではない曲、しかし「テニスの王子様」を表す(現す)ための曲がいくつも存在します。ラブフェスやテニプリ☆パラダイスなど色々ありますが、それらの始まりの一曲が、テニスの王子様の最終話に突如現れた歌詞のこの曲だと私は考えています。最終話なのに「会いに行くよ」と歌った彼らは、今でもこうして私たちの傍に居てくれます。テニスの王子様の歴史を振り返ると、この曲は終わりじゃなくて新たなステージへの最初の一歩(一曲)だったのだなあと感じます。あとは「JA○RAC申請中」がネタ的にも話題になりましたね。

 

 

 

・「ジャケットイラスト」部門
Invisible Bandage乾貞治

新テニスの王子様「Invisible Bandage」

新テニスの王子様「Invisible Bandage」

 

ジャケットの一枚絵だけで物語性を訴えてくるものも中にはありますが(最近だと『たとえば今…』など)、そういうのを一切無視して純粋に一目見た時に「なんかすげえ!かっけぇ!」となったのがこの曲のジャケットでした。何かとダサかったりズレていると言われがちなテニスのグッズ然りイラスト然りの中で、良い意味で物凄くキャッチーなイラストだと思います。個人的には単純にカッコいいだけじゃなくてどことなく気持ち悪さが残っている所もポイント。余談ですが不二先輩の『BIG WAVE』のジャケットを見る度に同名のハワイのビールを思い出してしまいます。

 

 

 

・「今後の展望への願いを込めて」部門

Gather/青と瓶と缶

Gather

Gather

 

2016年秋の武道館で千石清純の声を聞いた。(※CD音源)

千石さんに出会って赤也、氷帝、そして跡部へと辿り着いて10年以上氷帝厨雌猫一筋でやってきましたが、その間もずっと、初めて参加したテニスのイベントの100曲マラソンの時からずっと、千石清純の声を当ててくださった鳥海浩輔氏がテニフェスなどの公式イベントに登壇してくれるのをずっと待ち望んでいました。今でも待ち望んでおります。跡部景吾というキャラクターが私にとってのナンバーワンなら、千石清純というキャラクターは私にとってのオンリーワンです。来年公開予定の映画か、その先にあるだろうテニフェスか、はたまたさらに遠くの未知のイベントかは誰にも、先生ですら予測のつかない未来ですが、私はいつの日か必ず、私をテニスの王子様と巡り合わせてくれた声優の方をテニスの王子様のイベントでお目にかかれる日が来ると信じ続けます。

 

 

 

当初想定していたより長い記事になってしまいました。ここに挙げた曲はあくまでも私のオンリーワンなので、画面の向こうで「わかる」と頷いてくれる方がいれば、大したことないオンリーワンだなあと鼻で笑う方がいても当然だと思います。テニスを愛する人の数だけ、オンリーワンが無限に存在します。

音ゲーのリリースも発表されたことですし、皆さんもご自分とテニスのキャラソンの歩みや歴史を振り返ってみてはいかがでしょうか。書き終わった暁には私にもこっそり教えてくれると嬉しいです。お分かりかと思いますが私が読みたいだけです。

*1:ただしインスト曲『破滅への輪舞曲』を除く。輪舞曲は3拍子以外のものもあるようですが跡部の「破滅への輪舞曲」という技は「1.跡部がショットを打つ、2.相手のグリップに当たりラケットを落下させる、3.グリップに当たって跳ねた球を跡部がスマッシュする」という三拍子の技なのに3拍子が一般的な輪舞曲であえてそれを外すことによってキャラクター性まで失わせるという最悪の曲です。それにこの曲のメロディの繰り返し方は輪舞曲じゃなくて遁走曲(フーガ)なんじゃないの……?

*2:私にとっても幸村くんは5本の指に入るほど好きなキャラクターですが、グッズを欲したりというオタク的な愛し方をあまり含まない「好き」なのでライブに参加しようとも自然に感じませんでした

*3:ファンブックで幸村くんが好きな曲にブラームスを挙げたことに対してどうにも納得が行かなかった私はブラ4について調べまくったという過去があるのですが、平たく言うと恐らくこの曲は病床から這い上がり再起を果たした後の幸村くんの苦悩を表しているのでは、と思っています

*4:テニミュ3rd聖ルドルフ公演より

*5:ということであれば私は跡部さんの『理由』、もしくは千石さんの『ちょっとずつ…』(ゲーム「Love of Prince -Bitter-」収録)が好きです。ちょっとずつ…の曲は好きじゃないけど歌詞が最高だから読んで!